夢紅!LIFE

奄美大島にある陶工房カフェ「夢紅」からお届けしています。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ひんやりの朝



おはようございます






冷たい風が心地良い朝です

吾一とりんごと散歩
小雨が降ってる

散歩の途中で吾一がもう行きたくないと立ち止まる

ほら行くよと引き綱引いても踏ん張って動かない
もう帰ると駄々をこねる

仕方ないので引き返すと納得したのかとことこ歩く

吾一は雨が嫌いみたい




家に入れて私は海に

小雨の中浜を歩くと背中に雨粒が当たり気持ち良い

真っ直ぐ沖に向かい泳ぐ

疲れたところで仰向けになり波間に浮かぶ

顔に当たる雨が良い




しばらくフワーッと浮かんでる

空を眺め雲を見る

今朝もお日様は雲の中


剛太郎祭りも終わり孫達は去りちょっと寂しい気分


明日からは





週がわりの小展個展が始まる

ディナーも続いてる

時が流れるのが早すぎる

ちょっと止まりたいのに止まれない



僕はこの流れに乗り切れてない

先日見た薪能の小説の様な夢が頭から離れない





沢山の人が詰めかけて観るのではなく

静かな山間の小さな能舞台で薪の炎に照らされて薄暗い影の中演じられるお能が観たい

子供の頃我が家の玄関の薄暗い部屋に飾られて居たお能の鬼の顔が怖かった事ふと思い出した

あの面は何処にあるんだろう




兄貴が持ってるのかな〜

もう一度手に取って見たい

母方の叔父も晩年能面彫ってた

その面何処かの箱に入ってるはず

引越しの荷物整理の途中で探してみよう





炎の光と陰の中静かに流れる様なお能

見たいな〜






風が強くてジンジャーの仄かな香りが飛ばされてちょっと強いプルメリアが香る朝です






コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.yumekurenai.com/trackback/1098107
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.