夢紅!LIFE

奄美大島にある陶工房カフェ「夢紅」からお届けしています。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
春の嵐






昨日夜中いきなり目の前に光が走った

目を覚まし天窓を見ると又ピカッと光が走る

稲光だ

しばらくして遠くで雷の音

まだ随分遠くだな〜ボやーっと思ってた
もう一度眠りにつこうと思った途端また光った

遠くから雷の音が少しづつ近ず居ている

雲の中を雷が走る
すると天窓のガラスにボツ、ボツ、っと音がする

見上げると雨が降り始めてる

だんだん強くなり大粒の雨がバリバリ、ザーッと降って来た

その雨音の中稲光に雷

おー春の嵐だ〜

うとうとシューベルトの春の嵐かと
春雷の音を聞きながら微睡む

夜が明けてもザザ振り
それが9時ごろ小雨になり靄が立ち込めしっとりとした空気の中雨は止んだ



昨日は一日中ポカポカ陽気で家中の窓全開だったのに

娘からの注文のポットとコーヒーカップ&ソーサー

パスタ皿も作ったよ




今日は朝から昨日の続きの削りを終わらせて

ちょっと休憩




結構溜まって来た

そろそろ素焼きしようかな

一窯に入り切らないかも

もう少し引いて素焼き二窯にしよう




午後はピッチャー作ろうかな


何だか楽しいな〜








クレソンは未だに



今朝も田んぼの畦歩き

うーん

クレソン未だ摘める程にはなってない

食料探しも苦戦しております
まあ野蒜は有りますが

仕方ないと言えば失礼ですが

水仙摘んで入れ替えました



お昼は花巻蕎麦にしよう

マグカップばかり作っているのでコーヒーカップも作ってと娘からクレーム

気合い入れてソーサーも



コーヒーカップ&ソーサー作りました



お昼からは太極拳の教室です

身体の中心がブレないように足腰鍛えないと90過ぎ迄轆轤轢け無くなるから


今から未だ20年も有る



なんて素晴らしい




さあ頑張るぞ〜!








停滞気味





日に日に暖かく成りつつ有る今日この頃




色んな雑事が重なって思うように仕事に入り込めない日が続いて居りますがそれでも毎日何とか轆轤を回して居ります





奄美のカフェでは母と娘が奮闘
1日だけでは申し訳ないとスイーツビュッフェもう一日増やすそうです

ご予約お早めに??


今日はお昼頃から天気予報通り雨ですね

僕は雨が大好きなので何の問題もありません





注文のポットを作り

予備で作ったポットの注ぎ口
一輪挿しに





思い煩うことが多くて
何から手をつければ良いかと思い悩み
轆轤の手が止まってしまうこともしばしば

と言いながらお昼にはわかめ蕎麦
花巻蕎麦と言うのだそうです






それに半熟卵入れて柚子胡椒でピリッと味付け


それでも心の澱は消えません


まあそんな事も有るかと軽くワインを飲みながらジャーマンポテト食べて






早めに寝よう


明日頑張ろう









笑ってしまう





玄関脇の木蓮の蕾日に日に膨らんできています

お天気は晴れたり曇ったり






工房に石油ストーブ一個付けてるだけ


お昼前白磁の茶碗の高台出し

ふと竹節高台の湯のみ作りたくなって数個轢いてみた

その湯のみの削り

勿論竹節高台です

何個か高台削ってふと見ると

えっこれって寛次郎さん?

焼き物を始めるきっかけは寛次郎さんに憧れて同じ土俵でと蹴轆轤を

思えば31年経ってしまった






何とか近付きたいとせっせと轆轤を回して来た

寛次郎さんの甥っ子に当たる透さんから
夢元君自分の湯のみ一個作りなさいと言う言葉を頂いた

数年意味がよく分からなかったが奄美で海を眺めながら轆轤を回している時

おっあの言葉って自分だけの新しい形を作って見ればって事なんっだって解釈



先ずは竹節高台から次のステップへと精進

色々試してみて心碗が出来た


すると今度は器のアール(曲線)の美しさに魅せられてひたすら追い求めている

何とか自分らしい物が出来つつある今日この頃

頭の中から寛次郎さんは消えていた

好きな形の湯呑みを引いて高台削ってみたら





やっぱり寛次郎さんぽい

何がって言う訳じゃ無いけど

思わず笑ってしまった

寛次郎さんは雲の上の見えない所に居るんだって

お昼にします




カレーパスタ


孫のなぎどんからのプレゼント
お酒と一緒に美味しく食べてねのカード付きで





嬉しいね〜





さて仕事に戻ります








停滞気味




西山のカーチャンからの差し入れ鰯の一夜干し

熱燗で





ちょっと足りないのでベーコンともやし炒めて赤ワイン







新しい試みの鎬鉋
削りの頃合いが微妙
発泡スチロールの箱に入れたり出したり

うーん、
頃合いは分かっているつもりだけれど
今一微妙

もっとザクッと行きたいのに手が覚えてくれない


お昼は紫蘇若布のふりかけまぶして海苔で巻き、お味噌汁でさっと済ませ




気分を変えて



飯碗引いた

手は口程に物を言い???(目)

ちゃんと手が思考してくれる


あっという間に





氣分良いのだ(たけちゃん風で)


クレソン探しに下の畔迄散策

おー春が近いんだ

風に倒された水仙見っけ






女人には水仙の香せり

瀧安寺の和尚の魔禅と言う本に出ていた言葉

高校一年生の頃読んだけれど分かるようなわからないような

でもこの歳になっても水仙を見るといつも思い出す

壺にれてビューローの上に投げ入れ

良い香りだ〜










新しき試み 2!



今日も寒い朝
曇りです

昨日から始めた新しい試みパート 2

何度も考えて思考はして居ても
実際に手を下してみると次から次へと色々出て来る



微妙な乾き具合
頃合いが難しい

初めての試みお皿の旗反り部分に鎬鉋を入れる
ザクッと円空の様に削りたいが思い切りが悪い
どんな仕事でもそうだけれど最初は恐る恐る
それが数をこなして行くうちに少しずつ上達して行く
何百、何千と作り続けて行く内に手が覚えてくれるんだろうな〜

試行錯誤の連続
これが楽しい

こうすれば良いかも
こっちの方が良い感じ


時を忘れてる

氣が付けばもうお昼

さて今日はベーコンとクレソンのパスタにしようか





午後も続きだ




思い切りザクッとを心掛けて

そして美しくなお使いやすく


至福の時間








春が来そう





ここ数日靄が立ち込めている時間が長い

少しづつ暖かく成って来てる様な氣がする



ちょっと休憩

柿の木の雨雫が綺麗で思わず見とれてしまった

小鳥の数も増えてきた


先日の山鳩にジョウビタキ、ホホジロ、ヒヨドリはいつも居るけど




轆轤は順調なのですが削りをした後器を外に出して乾かせない

去年頑張って作って外で乾かして居たら底にバシッと亀裂が入ってしまって居たので
今年は乾燥は8割ぐらいまで家の中で乾かして居ます

それは良いのだけれど今度は轢いた器を乗せる棚が足りない

一気に行きたいところ

あっちをちょこっと
こっちをちょこっと
亀板削ったり、
粘土捏ねたり、
柿ベラ研ったり、
あちこち掃除したりとウロウロしております

今年は殊の外寒さが厳しかった様な氣がします

私の仕事は白磁に移りつつ有ります

これも又新しい試みでちょっとワクワク







これももう少し試行錯誤

展示会にはお見せできる様に頑張っております。

さて明日の粘土捏ねて

やはり





先ずは
これからでしょう〜









(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.