夢紅!LIFE

奄美大島にある陶工房カフェ「夢紅」からお届けしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
夏の終わり






朝の散歩

鳥の声が聞こえない

遠くでリーフに寄せる波の音

短パンビーサンでひたすら歩く

背中が冷んやり
帰り道も汗は出ない


海水も少し冷んやりしてきた
それでも相変わらず水シャワー





季節が何となく夏が終わると告げて居るような

一夏履いたビーサン





あはは、穴ぼこ三箇所開いちまった

後少しだ
頑張って貰おうかね。






雨が来る






5時半
何時もの散歩
相変わらずビーサン短パンで
家を出る頃は未だ薄暗い
東の空に黒い雲が広がってる
風はひんやり心地良い

帰り道首筋や背中にしっとり汗を掻いてる

ここ数日夜寝る時扇風機回してる
それでも朝方汗を掻く程蒸し暑い




此の所頭の中がパンパンになって来てる
作りたい物が次々出て来てあれとこれと
こうしてああして
ああやってこうやって
あれを試してこれを試して
この土はあれとこれと
この土はあれを............






切りがない


此処でも未だ未だやる事いっぱい

焦らずのんびりと1つ1つこなして行きます

そうすればいつか終わるはず

沢山の人と居ると中々マイペースにはなれない

それがちと辛いかな






早く轆轤とマイペースで仕事がしたいな〜










夕焼け






今夜もディナー

準備中ふと外を見ると夕焼けが美しい

やる事いっぱい





今日は窯場だった所を整理してチョット小粋なリビングに変身させます

山口に持って行くものを整理して

畳を拭いて

家に置いて有る引き出し式の冷蔵庫を移動して窯場リビングに置く用意

ワインクーラーとして使う予定

冷蔵庫移動した後に又棚を作りオーブンレンジを乗せてその前を調理台にする



下の棚には米びつや乾物置き場に成ります
もう1つ窯場リビングに取り付けた手洗い台をもう少し広く使い易くする

今週末までのミッション

結構忙しいぞ〜




昨日スーパーでピカピカの秋刀魚見付けた
大根丸々一本下ろして大鉢に入れ
秋刀魚は半分にぶつ切り
油で三度上げ(骨まで食べられるほど)
大鉢に入れた大根おろしの上に三度上げの秋刀魚入れて上からお出しをジャーっと掛ける
刻みネギをパラパラ

よく冷えた日本酒で美味しく頂きました








早く轆轤を触りたくて今日もうずうず








肌寒い程の朝


5時半

朝の散歩
海パンにビーサン

吾一とりんごは氣持ち良くてルンルン
東の空には黒い雲
その隙間からミルキーブルーの空が
その隙間に三日月と並んで金星がチラッと見える

6時に成ると



黒い雲が黄金色に成る

世の中三連休何ですね

道理で忙しい訳だ
朝早く作ったベイクドプディング
冷凍庫で冷ましていたのですが2時頃やっと出せるようになった途端あっという間になくなってしまいました

デッキは大賑わい
台風の風に時折降る雨にもめげず
ワイン片手にパスタにとおしゃべりに花が咲いておりました




山野井の工房に篭る日が近づいて来た
一ヶ月を切った

そろそろ篭る為の準備しなきゃな〜





庭のデイゴやっと元気になって来たのに今回の風台風で潮風に吹きまくられカサカサ
半分異常の葉っぱ落ちるだろうな〜




今日は外が見えない程塩で真っ白になったガラス窓吹きだ




早く轆轤を触りたくてうずうず






台風18号






18号はちょうど奄美の左側を進んで居る

海は荒れ
風もそこそこ
時折降る大粒の雨

昨夜のディナーもデッキの窓を開けると強い風が吹き込む

10センチ程隙間を空けて置いても結構風が入って来る



今朝の散歩



遠くで雨が降って入るのが判る

南東の風に雲が流れる

空気は重く湿気を含んで入る

吾一とりんごは風に飛ばされる木の葉を追いかける

私はのんびりと台風の強い風に背中を押され冷たい風に心地良さを感じてひたすら歩く



古くなったアスファルト歩道の水溜りに空に流れる雲が映りこむ



学生時代ジャズの流れる喫茶店 によく通っていた
何軒か行きつけのお店もあった


そんな頃もし自分が喫茶店を持つとしたらどんな名前をつけようか色々思い描いていた


50年前の札幌の道路は凸凹で雨や雪が降った後にいっぱい水溜りができていて何時も飛び越えたり長靴を履いて入るときはじゃぶじゃぶ渡ったり水溜りに映り込む木々や空を眺めて楽しんでいた





色んな人が写り込んで通り過ぎるのを眺めながらもしお店を出すなら「水たまり」にしようと思っていた事思い出した


札幌の駅前五番館の裏
細い路地を入った所に「葉」と言う喫茶店が有った

お店の前にいつも水溜りが有り其れを飛び越えないとお店には入れない

お店に入りたかったら飛び越えておいで
嫌なら来なくて良いよ

それが氣に入ってよく通っていた




そのお店の隣がラーメン屋さん
味噌バターコーンラーメンこれもお気に入りでした




久し振りにラーメン食べたくなった




寝苦しい夜





昨日の夕焼け
大きな黒雲の隙間から美しい夕焼けが見えた

それにしても蒸し暑い

一昨夜そして昨夜と2日間寝ていてもタラタラと汗が流れる

吾一とりんごの散歩の時も汗が流れる程

兎に角蒸し暑くて堪らない



波が高いので沐浴はせずにシャワーでクールダウン



海鳴りが凄い

ごーっ、ごーって海が吠えてる

18号中国に向かうと思っていたのが何だか大きく右へ向かうとか

進路予報見ると九州から山口に向かいそう




この二日間異常な蒸し暑さに嫌な予感

山口の工房轆轤が心配





奄美直撃はなさそうだけれど余波がただ事でないって感じかな




そんな中今夜もディナーです

デッキに居ると重く湿った風だけど何と無く涼しい氣がする




波はリーフで4〜5メートル程立ってる




今朝も山鳩のつがいが庭で餌をついばむ



波は未だ上がりそうだ






沐浴





沐浴と言う名目でクールダウン

今朝も吾一とりんごの散歩の後

海に入る

海に浮かびながら登るお日様に手を合わせ今日1日の無事を願い手を合わせる



浜では親子が貝拾い

風は爽やかにデッキを通り抜ける
良い1日の始まり

でも日中の暑さは異常な程

今年の夏の初め頃熱中症気味で数回点滴を受けて治ったと思っていたのだが
一度熱中症に成ると1年程は後を引くそうで直ぐに身体が火照って来る

頭が煮えて沸騰しそうに成る
汗が異常に出る
身体がだるい


あはは、
ちょっと疲れてるだけかもな〜

今日も忙しく成るだろうな〜
夜にはディナーも入ってるし



だんだんクールダウンじゃなくて本格的な沐浴に成りそう

とは言え未だ未だ海の温度は下がりませんね〜

身が引き締まるほどに成ればお山に篭る時期という事でしょう





もう少しで轆轤の前に座れそう








冷んやり


朝5時外はまだ薄暗い

短パンビーサンで吾一とりんごと散歩

東の空はまだブルー

空気が澄んでる

肌を通り抜ける風が冷んやりと心地良い




西の空の月が静かに光ってる

海は穏やか

海水温はまだ冷たいと言うほどではない



東の空が黄金色に




静かで冷たい空気に秋の訪れを感じる




雲が色ずいて綺麗だ

でも日中の暑さは異常かも

昨日も夜までにタンクトップ3枚汗でぐっしょり
手拭いでは追い付かずタオルを使ってるけれどこれもズシリと重くなるほど

ちょっと疲れて来てるのかもな〜

もう少しのんびりしたいけど待った無しだから

未だ未だ野暮用いっぱい抱えてる




早く轆轤の前に座りたいな〜







朝の月





昨日の夕焼け

綺麗だったな〜

そして今朝の散歩

薄暗い中吾一とりんごと歩く

今朝はしっとり汗が出る

東の空が白々と明けてくる





西の空には満月が光る

月はお〜ぼ〜ろ〜にひがしやま〜

うーむこの歌は月の出を歌ってるんだ

西の山に沈む月はなんて歌うんだろうな〜
何てくだらない事考えながら歩いて来た





東の空が黄金色から白く明けて来ると西の空の月の輝きがだんだん薄れ真っ白な月に変わる

自然の妙にひとり感激





浜に打ち寄せる波の音がやけに耳に響く



島のお盆も終わった

また忙しい毎日が戻って来る

今夜からしばらくディナーが続く

中古で買った冷蔵庫一ヶ月もたたないのにもう壊れた

人間食洗機壊れないようにしなきゃな〜



朝の満月も良いもんだ

満月と言う名が付けられた李朝の井戸茶碗
島根の玄玄さんのお店でお茶をたてて頂いた

あの満月は今何処に行ったのだろうか

もう一度会いたい満月と言う名のお茶碗に






(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.