夢紅!LIFE

奄美大島にある陶工房カフェ「夢紅」からお届けしています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
子供の日


昨日に引き続き今日も曇り



今にも降り出しそうなお天気ですね








初夏の木漏れ日の中鎌倉長谷の権五郎神社

氣の合う仲間達に見守られ神主さんの祝詞をクスクス笑う子供達

あれから31年

年月の経つのが早い事






私は三度目の正直

紅はニ度目の本氣

山野井に10年、奄美に20年

40歳から焼き物の世界に飛び込んで30年

少し自分らしい物が作れる様に成ったかな〜

100とは言わない

93歳過ぎれば良い茶碗作れるだろうな〜
と勝手に妄想して居ります


焼き物を見に来てくださる方々にお茶でもと始めた紅のカフェ夢紅


最初は珈琲と紅茶にケーキだけでスタート、

20年を経て今年の連休もディナーの予約で一杯






と言う事で


私は人間食洗機に徹して居ります


奄美では70歳は未だ青年





さあ今日も頑張ってお皿洗おうかね





ど真ん中






曇りです

吾一とりんごと朝の散歩





これから島中百合の花でいっぱいになるでしょうね



ここ数年我が家のデイゴ花が咲かなかったので樹木医さんに相談して昨年肥料とお薬を周りに溝掘っていれてあげた所
何と今年は少し花芽が出て来ました





デイゴの花が咲き始めるとアカショウビンが渡って来ます

もう少しするとヒュルルルル〜っと鳴き声が聞こえるようになるでしょう



山野井の鶯チョッピー君嫁は見つかったかな〜



奄美はやっぱり南国ですね


今朝はもうティーシャツ短パンビーサンの世界です


家の周りも





さあ遊んでないで動き出さなきゃ



連休働いている皆んな頑張りましょうね







鯉のぼり







下界に降りて来た途端怒涛の忙しさ

今日はメーデー

「見よ万国の労働者〜」

田舎町でも赤い旗を先頭に学校の先生はじめ各銀行の職員さんや紡績工場のかたたちがデモ行進していたのを見物していた事思い出しました




倉庫から大昔の鯉のぼりを出してみたら

無残!






もう繕えないほど酷いことになってしまって諦めるしかないな〜

お店には鍾馗様を飾り






八幡大菩薩と武者姿の幟を飾り

おっと

菖蒲探してこなきゃないな〜



とにかく追われまくっております


やる事山済み

まあ焦らず一つずつこなしていきます。








皆さん連休楽しんでください

あはは、

私はひたすら掃除と食洗機に徹することに致します。










ひょっとして山野井の工房の街灯消し忘れてるかもな〜









下界へ







暫し下界の雑踏に揉まれて来るか





連休の為人間食洗機として稼働致します





展示会に向けて今回は結構手応え感じています

心が満足と言う信号を送ってくれたから

追い求めてるものが又一つ奥に見えそう




充実の数ヶ月でした






話は変わりますが我が家の周りにいるチョッピー君
相変わらずチョピ、チョピ、しか囀れなかったのに
現代っ子なのかなー

ホーホケキョのケを抜いて囀ってる




ホーホキョ だって

チョピチョピのホーホキョじゃ鶯と言えないよ(笑)











土砂降り




もう新緑の季節かと思わせるほどの暖かさ

でも通り抜ける風は冷たくて気持ち良い


身体の中から湧き出るような満足感

嬉しく、楽しく轆轤と向き合う

遊びが仕事

仕事が遊び






最後の窯出し

と言う事でふと思いついた

久し振りに朝風呂するか〜

珈琲マグに入れて
ぬるめのお風呂にどっぷり





まーやんが山から掘って来たエビネ蘭が咲いてる
(外のライトをもう少し上向けなきゃ夜見えないな〜)

などなどのんびり考えながら温まって来ました



屋根を打つ雨の音が心地良い

さあ展示会に向けて最後の仕上げだ



窯出し
高台をヤスリで軽くする
仕分けして(四ヶ所で展示会なので)
超特急で後片付け
大工道具に諸々必要な物奄美に送る用意
そうだ外に掛けてる暖簾もう一度染め直してもらおう


今日も忙しい1日に成りそう

嬉しくて顔がほころんで居るノーテンキなジジイです






チョッピー君

今日も朝5時から窯焚きです






工房の周りに来る鶯にチョッピーと名前を勝手につけて側に来ると話しかけて居ます

この鶯半端なく声量(?)があり過ぎ
大きくて良い鳴き声

太めの声で艶もある

でも残念なことに

ホー チョピ チョピ

だけ


おいおいホーホケキョじゃ無いのかよ

どんなに声大きくて艶があっても
チョピチョピだけじゃまずいだろう



昨日窯から出したマイカップ





今朝はこれで珈琲を


ひとりにんまり









追込み!





めちゃめちゃ充実しています

佳境です

何故かゆとりです






三回窯焚こうと頑張って作ったら四回分有ったので

ユックリ楽しんで絵付け

釉薬しっかり作って濃度もバッチリ

釉掛けもスイスイと

窯入れも高台の釉薬拭き取って次々と

どの工程も丁寧に仕上げればなんてことはない






氣持ちに余裕が出るともっと良くするために何をどうすれば良いかが見えて来る
と、

今回は余裕のよっちゃん


ですが今回の展示会に向けて作りたいものがあったのでチョット頑張りました




辰砂です

焼き物やがこれに手を出すとしんしょ潰すと言われて居る釉薬

そろそろ出すかって思い付いが100年目



今回6月の展示会


僕の辰砂見に来て下さい。











刺激を受けた





今日は雨

素焼きが運べないので

轆轤を轢く事にした

Facebookで和楽四月号の宣伝

思わず惹きつけられた

結構強引にって氣もするけど

まあ良いか






色々見てるうちにルーシーリーと黒田泰造に行き着いた

期せずしてルーシーリーと同じ釉薬を私も追いかけている

今回試行錯誤の中からちょっと良い色が出た
そこで今度の展示会でお披露目します






黒田さんとは追いかけてる器のラインが似てる






同じでは無いけど一点集中に息詰めてるのが伝わってくる

良い仕事してる

じゃなくて

良い時を持ってるなーって感じる







和楽の四月号茶を楽しむ特集とか

丁度そろそろ手も切れる様になってきたし久し振りに茶碗作るかって思ってたら恵みの雨

良しと作ってます








1人で痺れてます











靄か霧か




山野井が霧に包まれた朝

窓全開

ひんやりとした空気が流れ込んでくる

気持ち良い〜



こう言う日はお天気になるって昔から言われてたなーって思いながら洗濯機回す

天気が落ち着かないので中々素焼きの用意ができない



そこで今日も轆轤引くことに

数日前よりこころ碗に入り込んでおります




楽しい1日になりそう







ワイングラスにロック用グラス
自分用だから大ぶりにしようかな〜





こころ碗



今こころ碗の進化系なのか
もう一歩踏み込んでいます

良し これだって眺めていたら

大昔寛二郎さんの工房で轆轤を回していた荒尾先生晩年作られた湯のみ二個頂いていた(新しい薩摩三彩かと思う程斬新な絵付け)暫く使っていたがいつの間にか棚の上に飾ってあるようになった






轆轤の上で良しと思って眺めてる形がまるで荒尾先生の湯呑みと同じ形状

思わず笑ってしまった

追いかけて、追いかけて、やっと近ずいたと思ったら未だ先が見えない






ひえ〜〜

背筋ぞくぞく(寒いからかな〜)

もう一歩踏み込んで

良し 次だ。











(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.